最小限の入力で、外壁と屋根塗装の組合せで見積書を100種ゲット

お客様が外壁塗装の原価を見積って業者へ発注できるビジネスモデルは経済産業省の中小企業経営革新事業の認定を受けました。

1.外壁と屋根の見積もり

標準と詳細の2種類の見積方法が用意されています。
標準見積とは、お客様の最小限の住宅情報をもとに標準的な塗装箇所の見積書を作成します。
詳細見積とRC建物見積は、塗装するすべての箇所の数量を入力して見積書を作成できます。

1-1.標準見積

必要最小限の入力で、一般的な住宅塗替えの原価積算見積をします。
標準見積の塗装個所と数量算出モデルハウスは、各出店業者が地域の実情に合わせて自由に変更できます。
導入初期の塗装箇所(部位)は外壁、屋根、破風、軒裏、雨樋ですが自由に追加削除できます。

標準的な家屋の塗装面積を計算するための必要最低限の入力項目

外壁塗装面積は(建物の周囲長)X (建物の高さ)ー(窓などの非塗装面)で求められます。

周囲長が分からないときは延べ床面積を入力してください。
延床面積から周囲長を求めるには、モデルハウスの幅と奥行きの比率を4対3として、周囲長を求めています。

屋根の形状で屋根の塗装面積、外壁塗装面積及び足場面積が変わります

屋根の形状で屋根塗装面積は勿論、外壁塗装面積、足場面積も変わります。

建物の外壁塗装の仕様は外壁素材によって異なります

外壁素材の違いで、塗装前の補修内容、適用できる塗装仕様が異なります。

屋根塗装の仕様は屋根の素材によって異なります

屋根素材の違いで、塗装前の補修内容、適用できる塗装仕様が異なります。

▲標準見積の数量算出について▲

延床面積から、外壁と屋根の塗装面積算出するためのモデルハウス

塗装規模の指定入力で、延床面積から塗装面積を算出するにはモデルハウスを使用していますが、塗装面積の精度を上げるには周囲長を入力して下さい。

モデルハウスの標準データは、出店各社でオリジナルデータを設定できます。

例えば、窓などの非塗装面の比率25%、軒天の張り出しを0.4m・・・・など地域の実情に合わせて各社が設定できます。

1-2.木造住宅とRC建物の詳細見積

塗装箇所(部位)と数量を入力して、詳細な原価積算見積書を作成します。 他社の見積書などの検証やeペイントの豊富な塗装仕様別見積結果を見ることができます。
住宅の塗替え工事を詳細に見積もる入力画面。見積項目の増減と項目名は出店業者が自由に設定できます。

見積もり対象工事

  • 塗装工事、補修工事、防水工事、石貼工事

見積方法

  • 対象工事(塗装、防水・・)を選択
  • 施工する工事個所(部位)の数量を入力
  • 全ての施工箇所の数量入力が完了したら、見積条件を設定して、見積実行ボタンを押します

塗装箇所(部位)について

  • 工事個所(部位)の名称、単位は出店各社が追加変更できます。

2.見積条件(職人さんの日当、管理費の比率)の変更

eペイントの見積は原価積算見積です。曖昧な単価見積や相場に頼らずに自社の原価をもとにお客様へ提出する見積書を作成します。
提出見積金額は『工事原価』+『一般管理費(営業経費+事務所経費+利益+・・・・)』で求められます。さらに工事原価は『直接工事費(工賃+材料費)』+『現場管理費(直接工事費x%)』で求めることができます。eペイントの見積もりは工事原価に直接影響する”職人さんの日当”、管理費比率を変えて見積額を算出することができます。

見積額に大きく影響する見積条件の職人日当、現場経費比率、一般管理費比率を変更する。

◍ 職人さんの日当について

職人さんの日当について:初期日当は出店各社が設定した金額です。
初期日当はひとつの目安で、お客様が要求する工事の品質や職人さんのレベルに合わせてお客様が自由に変えることができます。

◍ 現場経費について

ハケ,ローラー,養生テープ等の消耗品費 交通費,廃材処分費,保険,安全対策費

目安:直接工事費(材料費+労務費)の5%から15%、現場環境や塗装仕様によって異なります。


◍ 一般管理費について

会社を運営していく上で必要な経費です。下記の項目があげられます。 事務所家賃,通信費,交通費,事務所水光熱費 営業マン,事務員等の人件費 施工機材の減価償却 社会保険等の法定費用 会社利益 目安:見積原価の15%から25%、会社規模,アフターフォロー等の内容によって異なります。

3.お客様に最適な塗装仕様の選択(外壁と屋根)

一回の見積で、塗装仕様別に100種の見積結果を表示します。
見積結果画面、外壁と屋根の見積結果を最大10種ずつ表示、選択できます。塗装仕様を選択するごとに見積額が変わります。
見積結果は左右に外壁と屋根で分かれて表示されます。 お客様のご要望(耐用年数、機能、金額など)に合った塗装仕様を外壁と屋根で選び、見積金額が決まります。 外壁と屋根の塗装仕様は出店各社のオリジナルで外壁10仕様、屋根10仕様まで登録できます。

4.見積結果をコピー、または詳細資料を受信

お客様はご希望の塗装仕様の見積詳細資料(見積書,材料明細書,施工仕様書など)をメールで受け取ることができます。
同業他社の不正利用を防ぐため、外壁塗装見積詳細はメールでお送りします。
匿名でもOK、メールのアドレスだけは正確に! 詳細資料のサンプルはこちらからダウンロードできます。